施設詳細

戻る ホーム
飲食店

総本家にしんそば松葉本店 そうほんけにしんそばまつばほんてん 【営業時間】10:30~21:30
【定休日】水曜(祝日の場合は営業)※季節により変更あり

  • 外観外観
  • 2階テーブル席2階テーブル席
  • にしんそばにしんそば
  • 2階トイレ前の段差2階トイレ前の段差
  • 2階男女共有トイレ2階男女共有トイレ

ジャンル

  • 和食

1861年創業。看板メニューである「にしんそば」は、三方を山に囲まれた京都にとって、貴重なタンパク源である「みがきにしん」をさらに美味しく食べるため、明治15年に2代目の松野与三吉(まつのよさきち)によって考案されました。お店は歌舞伎や舞台公演が行われる京都南座の隣にあり、歌舞伎役者や祇園の芸妓さん、舞妓さんなどに長年利用されています。(調査月:2011年10月)

【お店からのメッセージ】
バリアフリーとしては至らない点が多々ありますが、だからこそ従業員一同、手をお貸しできる部分は精いっぱい対応させていただきます。また、障がいの有無にかかわらず、来ていていただいた方には満足して帰っていただきたいと思っています。お気軽に京都の代名詞である「にしんそば」を食べにおこしください。(企画室常務取締役 松野さん)

基本情報

所在地
〒605-0076 京都市東山区四条大橋東入ル川端町192
電話番号
075-561-1451
FAX
075-822-5340
ホームページ
http://www.sobamatsuba.co.jp
アクセス
京阪祇園四条駅下車、6番出口より徒歩すぐ。南座横
おすすめメニュー
おすすめメニューの「にしんそば」(1200円)、甘辛く炊いたにしんの上にそばが盛ってあり、京都らしい上品な薄味の出汁がかかっています。そのため、食べ進めていくごとににしんの味が全体にしみわたり、味の変化が楽しめ、京都に来たら一度は食べておきたい一品です。また夏は「冷やしにしんそば」(1500円)、冬は「鴨南蛮」(1700円)がおすすめです。
バリア情報
入り口周辺は平坦な舗装路になっています。扉は左開きの引き戸で、開口幅が95センチ。なお、店内には開口幅80センチのエレベータがあり、障がいのある方や車いすの方は2階のテーブル席へ案内してもらえます。テーブルの高さは70センチで、いすは移動可能です。31席あります。ゆったりと食べたい方は、1階が飲食スペースになっている北店(京阪電鉄祇園四条駅下車、7・8番出口より徒歩すぐ)でおそばをいただくのもおすすめです。
トイレ情報
2階のテーブル席のフロアにあるトイレです。入り口に15センチの段差あり。扉は押し戸で開口幅が58センチ。車いすでの使用は難しいので、その場合は京阪祇園四条駅にある車いす対応トイレをご使用されることをおすすめします。

バリア情報

【駐車場】なし
【車いすマークのついた駐車場】なし
【サービス】筆談・代筆/多言語メニュー(英語・中国語)
【入り口】手動扉

周辺地図

地図をリセット

《掲載店について》こちらに掲載している飲食店は、このホームページの趣旨に気持ちよく賛同していただいたお店です。バリアフリーの厳密な検証を行ったものではありません。中には設備が整っていないお店、個別の特別対応が難しいお店もありますが、介助者同伴、スタッフの皆さんの応対などにより気持ちよく食事できると思われるお店を紹介しています。ご利用時は事前にお問い合わせされることをおすすめします。

Copyright © 2011 CITY OF KYOTO