トピックス

京都ユニバーサルツーリズム推進事業「伏見車いす観光マップ」(仮称)店舗掲載のお願いについて

京都市では平成27年度より一般観光客,修学旅行生,外国人はもとより,高齢者や障害のある方など,誰もが京都観光を楽しむことができる環境整備の一環として,「車いすレンタル制度」を立ち上げ,嵐山エリアと岡崎エリア,河原町エリアを中心に運用し,大変好評をいただいております。平成29年7月にはさらに伏見エリアに新たなレンタル拠点を開設いたしました。
この度,新しいレンタル拠点を中心とした「伏見車いす観光マップ」(仮称)(別紙参照)に,車いすで利用しやすい飲食店及び文化体験施設を掲載させていただきたいと考え,掲載エリア内で対象となる店舗様(飲食店様及び文化体験施設様を想定しております。)へ,有料(5,000円)にて,掲載への御協力のお願いを申し上げる次第でございます。本件の掲載申込については ①飲食店及び文化体験施設名 ②住所 ③飲食内容及び文化体験内容 ④店内について(入り口に段差なし 店内に段差なし イス席ありなど) ⑤トイレ(バリアフリートイレ 洋式トイレなど)⑥本申込書(記入責任者のお名前・電話番号・FAX番号・メールアドレスなど)をご記入いただく申込用紙をお送りしますので,当ホームページお問い合わせフォーム(info@kyoto-universal.jp)へ御連絡ください。
なお,お申し込みいただいた対象店舗様には,観光マップ及びホームページ等に掲載させていただくため,申込書を受け付け次第,改めてお送りするバリアフリーアンケートにお答えいただきます。
恐れ入りますが,観光マップ作成のスケジュールの都合上,締め切りを平成29年10月31日(火)とさせていただいております。また,掲載予定数を超えるお申込をいただいた場合には,抽選とさせていただきますので,予め御了承ください。
以上の趣旨に御賛同いただき,格別の御協力,御高配を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

更新日:2017年9月28日

「京都市おもてなし手話実地研修会」開催のご案内

平成28年4月から,「京都市手話言語がつなぐ心豊かな共生社会を目指す条例」(手話言語条例)を施行し,手話に対する理解の促進及び手話の普及策に取り組んでいます。また,聴覚障害のある観光客に向けた手話でのおもてなしを推進するため,観光施設の事業者及び接客業に携わっておられる方等を対象に聴覚言語障害への理解促進,手話の普及を目的とした「京都市おもてなし手話実地研修会」を下記の日程で開催する予定です。
参加御希望の場合は
①参加人数,②施設名,③担当部署,④御担当者名,⑤電話番号,⑥FAX番号,⑦e-mailアドレス
を9月19日(火)までに,当ホームページお問い合わせフォーム(info@kyoto-universal.jp)へご連絡ください。

                記

日  時 平成29年9月28日(木)
 14:00~15:00(受付開始は13:30)

場  所 二条城 (受付・集合場所は東大手門)

アクセス 地下鉄東西線「二条城前駅」下車すぐ

予  定 「観光事業者のための手話による実地研修(仮)」
少人数で二条城を観光し,音声言語による案内と手話言語による案内の違い,観光する上で必要な手話などを実地で学んでいただく。

定  員 先着40名(20名×2グループで学んでいただきます)

参 加 費 無料(入城料も不要です)

更新日:2017年9月11日

「京都市おもてなし手話研修会」開催のご案内

 本年3月,「京都市手話言語がつなぐ心豊かな共生社会を目指す条例」(手話言語条例)が,市会議員全員により提案され,全会一致で可決のうえ制定されました。京都市では,条例制定をふまえ,聴覚障害のある観光客に向けた手話でのおもてなしを推進するため、観光施設の事業者および接客業に携わっておられる方を限定に聴覚言語障害への理解促進,手話の普及を目的した「京都市おもてなし手話研修会」を下記の日程で開催する予定です。
 参加ご希望の場合は①参加人数②貴施設名③担当部署④ご担当者名⑤電話番号⑥FAX番号⑦e-mailアドレスをご明記の上,9月20日(火)までに事務局(info@kyoto-universal.jp)まで申し込みください。

日  時 平成28年9月30日(金)
     14:00~15:00(開場は13:30)
場  所 京都新聞文化センター 7階文化ホール
アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車7番出口すぐ
定  員 100名
参 加 費 無料

予  定
・「観光施設に求められる聴覚障害者への配慮」(約15分)
講師:京都市聴覚言語障害センター 内川大輔氏
聴覚障害者の特性をはじめ、不安に思っていることや困ること、またうれしいことなどを手話と通訳でお話します。
・おもてなし手話研修(約30分)
(基本的なおもてなしのあいさつ,道案内,代表的な神社仏閣,買い物,緊急事態の伝達,京都特有の手話など)

更新日:2016年9月13日

「心のバリアフリーハンドブック」を作成しました

「心のバリアフリーハンドブック」を作成しました 京都市では,平成24年3月に策定した「『歩くまち・京都』交通バリアフリー全体構想」に基づき,駅や周辺道路等のバリアフリー化を推進するとともに,積極的な声掛けや困っている方への手助けの実施など,市民がお互いに理解し,助け合う「心のバリアフリー」を推進しています。
 本市の交通バリアフリー(駅や道路等バリアフリー化)を担当しております歩くまち京都推進室では,ハード整備だけではなくソフト対策(心のバリアフリーの普及啓発)と両輪で進める必要があることから,障害のある方やベビーカーで移動される方等が実際にどんなことで困っておられるのか,どんなお手伝いを求めておられるのか等を様々な個人・団体にお聴きし,いただいた御意見をもとに,「心のバリアフリーハンドブック」を作成しました。
 お手伝いの方法や英語による道案内の方法などを示していますので,ぜひご活用ください。

関連リンク :心のバリアフリーハンドブック
更新日:2014年4月1日

京都・嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)−2013が今年も元気に開催されます!!

京都・嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)−2013が今年も元気に開催されます!! 雄大で美しい嵐山の夜の自然景観を「光」で照らし出す「京都・嵐山花灯路」。台風の被害をはねのけて,今年も元気に開催します! 渡月橋や嵐山山裾,竹林の小径のライトアップのほか,「亀山公園」の露地行灯など、京の初冬を灯す美しいイベントにぜひお越しください。

日 時 平成25年12月14日(土)から12月23日(月)
点灯時間:午後5時から午後8時30分
開催場所:中の島公園から渡月橋を渡り,天龍寺周辺一帯を通って竹林の小径を中心とした嵯峨野めぐり散策路と,周辺寺院・神社

関連リンク :京都・花灯路
更新日:2013年12月1日

↑このページの先頭へ戻る