バリアフリー情報

【施設】醍醐寺(だいごじ)

【時間】9時~17時(12月第1日曜翌日~2月末日は~16時30分)※いずれも発券終了は閉門1時間前、受付終了は閉門30分前
【休業日】無休

  • 車いすマークのついた駐車場
  • 多目的(車いす対応)
  • トイレ段差(5センチ以上)あり
  • スロープあり(一部)

貞観(じょうがん)16(874)年に、理源大師・聖宝(りげんだいし・しょうぼう)が醍醐山上に庵を建て、准胝・如意輪の両観音像を祀ったのが始まりです。醍醐寺には、京都府下で最古の建造物である国宝・五重塔や、豊臣秀吉の命によって移築された国宝・金堂など、国宝や重要文化財に指定された建造物が数多くあり、平成6年世界文化遺産(せかいぶんかいさん)に登録されています。また、醍醐寺の長い歴史を物語る仏像や絵画は、その大半が国宝・重要文化財に指定されており、空調設備も整った霊宝館で公開されています。霊宝館内や境内には多目的トイレがあり、安心です。(調査月:2016年12月)

所在地 〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22
電話番号 075-571-0002
FAX 075-571-0101
ホームページ http://www.daigoji.or.jp/
アクセス 京阪バス「醍醐寺前」下車すぐ、地下鉄醍醐駅下車徒歩約10分
料金 【障がい者割引】各所拝観料本人無料、介助者1名無料※障がい者手帳の提示が必要
【料金】3カ所拝観券(伽藍・三宝院・霊宝館)一般800円、中学・高校生600円※春期・秋期は3カ所拝観券(伽藍・三宝院・霊宝館)一般1500円、中学・高校生1000円)/上醍醐一般600円、中学生・高校生400円 ※いずれも小学生無料
【団体料金】3カ所拝観券(伽藍・三宝院・霊宝館)一般700円、中学・高校生500円※春期・秋期は3カ所拝観券(伽藍・三宝院・霊宝館)一般1300円、中学・高校生800円)/上醍醐一般500円、中学生・高校生300円
備考
【駐車場】車100台、バス8台
【車いすマークのついた駐車場】2台
【車いす用トイレ】車いす対応(仁王門の南方の迂回路の途中、霊宝館・三宝院内にもある)
【サービス】霊宝館内車いす貸出1台/多言語パンフレット(英語・中国語・韓国語)
【障がい物】総門から仁王門までフラット。仁王門は階段7段。上醍醐は山道で不可。三宝院の殿舎内は車いす不可。
【館内入口】自動ドアあり(霊宝館のみ)、インターホンなし
【移動】道路の広さ90センチ以上、土足禁止エリアあり(車いすでの入場不可)
【手話等の対応】手話の対応不可・筆談の対応不可

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら