バリアフリー情報

【施設】梅小路公園(うめこうじこうえん)

【時間】朱雀の庭・いのちの森は9時~17時(最終入園16時30分)
    チンチン電車は土日祝日の10時~16時
【休み】朱雀の庭・いのちの森は月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
    チンチン電車は平日と年末年始(12月28日~1月4日)

  • スロープあり
  • 多目的(車いす対応)トイレ
  • 補助犬
  • 車いすマークのついた駐車場
梅小路公園

梅小路公園

京都駅から徒歩圏内という市街地にありながら、豊かな花と緑に親しめる都市型公園。約13.7ヘクタールの広い園内では、散歩を楽しむ人やお弁当を広げる家族連れなど、いろんな人たちが憩いのひと時を過ごしています。園地は東西に広く、東側には広々とした「芝生広場」や水と遊べる「河原遊び場」、中央付近にはモダンな日本庭園とビオトープが一体となった「朱雀の庭・いのちの森」(有料)のほか、大型遊具のある「すざくゆめ広場」や昔懐かしい「チンチン電車」(有料)があります。また、西側エリアには「京都鉄道博物館」が隣接。芝生広場の北側には「京都水族館」があります。
園内の通路は広く、数カ所に車いす対応トイレが設置されているので、のびのびと散策することができます。
公園の西側に新しく梅小路公園おもいやり駐車場ができました。(調査月:2018年12月)

所在地 〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町56-3((財)京都市都市緑化協会梅小路公園管理事務所)
電話番号 075-352-2500
FAX 075-352-2561
ホームページ http://www.kyoto-ga.jp/umekouji/
アクセス 市バス「梅小路公園前」下車徒歩3分、市バス「七条大宮・京都水族館前」下車徒歩3分、JR・近鉄・地下鉄京都駅下車徒歩20分
料金 【料金】朱雀の庭・いのちの森入場料:200円
    チンチン電車乗車料:300円
備考
【駐車場】おもいやり駐車場あり(有料)
※利用者は障がい者,高齢者,乳幼児連れの家族,妊産婦,怪我人,その他歩行困難な方のみ
【車いすマーク用トイレ】あり(非常ボタン・水洗ボタン・トイレ用の手すり・スライドドア)
【サービス】車いす貸出2台、点字ブロック、点字の案内表示板、設置型音声ガイド、補助犬OK
【手話等の対応】手話の対応不可、筆談の対応可
【備考】駐車場の管理は京都市都市整備公社(075-321-7776)

↑このページの先頭へ戻る

見どころ・バリア情報

梅小路公園大宮入口(うめこうじこうえんおおみやいりぐち)

梅小路公園大宮入口梅小路公園の東側、大宮通に面した入口です。園地に入るには、ほかに6カ所の入口があります。

梅小路公園芝生広場(うめこうじこうえんしばふひろば)

梅小路公園芝生広場大宮入口を入るとすぐ左手に広がる、芝生を敷き詰めた広場です。2.3ヘクタールもの面積があり、思い思いのレクリエーションを楽しむことができます。広場の西側、大宮通沿いには梅園があり、春先には約140本の梅が開花。華やかな香りを漂わせます。

梅小路公園河原遊び場(うめこうじこうえんかわらあそびば)

梅小路公園河原遊び場芝生広場の南側にある、水辺の広場です。水遊び用の小川や池があり、夏は子どもたちの姿でいっぱい。周囲にはムクノキなどの大きな木が植えられているので、木陰の散歩を楽しむこともできます。

梅小路公園緑の館(うめこうじこうえんみどりのやかた)

梅小路公園緑の館公園の管理事務所がある建物で、1階にカフェ&レストラン「京野菜レストラン 梅小路公園」、2階に朱雀の庭・いのちの森のゲートがあります。館内にはエレベーターが設置されているので、それを使って2階へ上がりましょう。

梅小路公園朱雀の庭・いのちの森(うめこうじこうえんすざくのにわ・いのちのもり)

梅小路公園朱雀の庭・いのちの森ゲートを通って遊歩道を進むと、まずは朱雀の庭がお目見え。平安遷都1200年を記念して造営された池泉回遊式庭園で、洋花なども楽しめるモダンな庭になっています。池の間近に行くには階段を下りる必要があるので、遊歩道からその景色を楽しみましょう。いのちの森へは、遊歩道の脇に架かっている橋を渡って行きます。この森は、自然の生態系を再現したビオトープ。虫や小鳥など、生き物たちの楽園です。階段があるので一周することはできませんが、途中で引き返しても十分に森林浴が楽しめます。

梅小路公園七条入口広場(うめこうじこうえんななじょういりぐちひろば)

梅小路公園七条入口広場七条入口は梅小路公園のメインゲート。大型の花壇が備えられ、四季折々の花が楽しめます。また、手づくり市(毎月第1土曜日開催)などのイベントも行われます。

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら