バリアフリー情報

【施設】化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)

【時間】9:00~受付終了16:30(1・2・12月は~15:30。閉門はいずれも最大30分後)
【閉門日】無休※ただし臨時宗教式典、気象状況により休観の場合あり

  • 多目的(車いす対応)トイレ
  • 段差(5センチ以上)あり
  • 階段あり
化野念仏寺

化野念仏寺

「あだし」とは「儚い・虚しい」の意味。化野念仏寺があるこの地は、古来より葬送の地として知られ、和歌においては「化野の露」として、人生の無常をあらわす枕詞に使われてきました。今から約1200年前、弘法大師はこの地に五智山如来寺を開創し、風葬された野ざらしの遺骸を埋葬し供養。その後、法然上人の常念仏道場となり、寺名も「念仏寺」に改められました。本尊は鎌倉時代の仏師・湛慶作と伝わる阿弥陀如来坐像。境内には、8000体を数える石仏・石塔が並ぶ「西院の河原」があり、毎年8月23・24日(17:30~20:30受付)には、それらに灯りを供える「千灯供養」が行なわれます。車いすで参拝する場合は、事前に連絡すると車いすの利用者向け参拝ルートを教えてもらえます。(調査月:2016年2月)

所在地 〒616-8436 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話番号 075-861-2221
FAX 075-881-9800
ホームページ http://www.nenbutsuji.jp/index.html
メールアドレス adashino@nenbutsuji.jp
アクセス 京都バス「鳥居本」下車徒歩約5分
料金 【障がい者割引】障害者手帳提示で本人無料
【料金】大人500円、中高生400円、小学生以下(保護者同伴に限る)無料
【団体料金】30名以上で大人400円、中高生300円(現金一括払い)※小学生以下の修学・行事等の団体は不可

↑このページの先頭へ戻る

見どころ・バリア情報

化野念仏寺の竹林の小径(あだしのねんぶつじのちくりんのこみち)

化野念仏寺の竹林の小径入り口から左に行くと、六面体地蔵や墓地へと続く竹林の小径があります。長い階段になっているので、車いすで進むことは難しいのですが、その入り口からは、心地よい竹の葉ずれの音や清々しい風を感じる事ができます。

化野念仏寺の境内(あだしのねんぶつじのけいだい)

化野念仏寺の境内境内は基本的に砂利道で、本堂や寺務所、トイレの前などには石畳が敷かれています。道幅はおおむね90cm以上あり、砂利はそれほど深くありませんが、足元と周囲に注意を払いながら進みましょう。また、石畳には所々5cm程の切れ間があります。

化野念仏寺の西院の河原(あだしのねんぶつじのさいのかわら)

化野念仏寺の西院の河原ずらりと並ぶ8000体の石仏・石塔は、その昔、化野に葬られた人たちの墓石。時代が経て無縁仏となり、山野に散乱埋没してしまったため、明治中期に集めて安祀されました。三途の川の畔にあるという河原を彷彿させることから、「西院の河原」と呼ばれています。地面は砂利道で、中心となる通路の幅は70~95cmほど。石仏間の細い通路の幅は40~50cmです。広めの場所を選んで移動を。

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら