バリアフリー情報

【施設】金閣寺(きんかくじ)

【時間】9:00~17:00
【休み】なし

  • 音声・点字など
  • 補助犬
  • 車いすマークのついた駐車場
  • 多目的(車いす対応)トイレ
  • 階段あり

室町幕府3代将軍足利義満(よしみつ)の山荘を寺にしたもので、正しい寺の名前は鹿苑寺(ろくおんじ)です。金閣(きんかく)は三層(三階建て)で、武家文化と貴族文化が合わさった北山文化を代表する建築です。屋根の上には鳳凰(ほうおう)が置いてあります。昭和25年に焼けてしまいましたが、昭和30年に再建されました。庭園は室町時代を代表する名園といわれています。平成6年に世界文化遺産に登録されました。
車いす用駐車場やスロープの設置、点字案内など障がいのある方でも気軽に観光できるよう工夫されています。(調査月:2011年7月)

所在地 〒603-8361 京都市北区金閣寺町1
電話番号 075-461-0013
ホームページ http://www.shokoku-ji.jp/
アクセス 市バス「金閣寺道」下車徒歩5分、市バス「金閣寺前」下車徒歩1分
料金 【障がい者割引】本人のみ高校生以上300円、小中学生無料※障害者手帳の提示が必要
【料金】高校生以上400円、小中学生300円
備考
【駐車場】車250台、バス50台
【車いすマークのついた駐車場】10台
【車いす用トイレ】あり
【サービス】車いす貸出10台/点字の案内表示板/点字対応パンフレット/補助犬OK/多言語パンフレット(英語・中国語・韓国語)
【土足禁止エリア】なし

↑このページの先頭へ戻る

見どころ・バリア情報

金閣寺拝観受付(きんかくじはいかんうけつけ)

総門前は平坦になっており、参道は浅い砂利道です。拝観受付を済まし、境内に入ります。

金閣寺絶景ポイント(きんかくじぜっけいぽいんと)

池越しに金閣が望めます。紅葉や雪の中に佇む金閣もとても美しく、季節ごとにぜひ訪れたいです。

金閣寺金閣横(きんかくじきんかくよこ)

金閣が間近に見えます。屋根の上ではばたく金色の鳳凰は豪華です。庭園は平坦で車いすの移動はしやすいです。せっかくなので、柵の前まで近づいて金閣を見上げてみましょう。車いすの高さからだとより雄大さが感じられます。

金閣寺龍門滝(きんかくじりゅうもんのたき)

金閣の北側にある滝。鯉が滝を登ると龍になるという中国の故事「登竜門」にちなんだ「鯉魚石(りぎょせき)」が置かれています。滝に出世の祈りを込めて、多くの方が合掌されます。ここからは山腹へと階段が続くので、入り口へ引き返します。

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら