バリアフリー情報

【施設】錦市場(にしきいちば)

平日の午前中は比較的すいていますが、土日や年末などは混雑するので避けた方がいいでしょう。夕方6時ごろに閉まるお店が多いです。また定休日はお店によって異なります。

  • 車いすで移動
錦市場

錦市場

古くから京の台所と呼ばれる市場です。魚、漬物、豆腐、鯖寿司、京野菜などがすべて専門店で買えます。ほとんどが対面販売なので、個々人の状態によりお店の人が対応してくれることがうれしいです。また商品が見渡せるよう低い位置にあるので、車いすの視点からも商品がよく見えます。通りがフラットになっているので、車いすやバギーなどでもスムーズに通行でき、足元からもてなされている気がするハートフルな市場です。道中、車が通る道(南北の通り)をいくつも越えるので注意しましょう。(調査月:2011年8月)

ホームページ http://www.kyoto-nishiki.or.jp/
メールアドレス office@kyoto-nishiki.or.jp
備考
【駐車場】付近にコインパーキングあり
【車いすトイレ】なし
【その他】アーケードあり

↑このページの先頭へ戻る

見どころ・バリア情報

こんなもんじゃ

こんなもんじゃ北野天満宮近くのお豆腐屋さんが出店。以来人気のお店です。一口サイズの豆乳ドーナツはドーナツ液がわっかになって油に落とされ、きつね色に揚がったらコロンと落ちる製造過程を見ても楽しく、平日は車いすのままできたてを店内で食べることができます。

魚力(うおりき)

魚力錦市場に古くからある焼き魚にこだわったお店。低い位置に商品があり、車いすの高さからもよく見えます。串に刺したハモの照り焼きなど、その場であぶってくれます。

錦市場(堺町通~柳馬場通)(さかいまちどおり~やなぎのばんばどおり)

錦市場(堺町通~柳馬場通)老若男女問わず地元の常連さんが通う錦市場は、味や鮮度にこだわり、商品に誇りを持っているお店が多いです。何度でも足を運んで、店員さんとの会話を楽しみ、錦を味わってください。

枡伍(ますご)

枡伍京都といえば漬物と言われるぐらい種類が豊富です。伝統的な漬物はもちろん、タケノコのぬか漬けなど新しい漬物も生み出しています。試食はもちろん、指で商品を差して「ぬか漬け一つ」と注文すれば、ぬかの中から漬物を取り出し、その場で袋に入れてくれます。自分好みの一品と出合えそうな予感がします。

三木鶏卵(みきけいらん)

三木鶏卵だし巻き卵一筋の老舗。だし巻きを焼いているところも通りから見ることができ、機械化が進む中、すべて職人の手で焼き上げられていることに感動します。対面販売でその日に焼かれただし巻きが買えます。お土産にもおすすめです。

川政(かわまさ)

川政古くからある八百屋さん。低い位置に並んだ京野菜をはじめ、職人さんが手でささがきにしたゴボウなどが並んでいます。旬の野菜はカゴ売りや量り売りで販売してあります。店内の通路は車いすで回ることができます。

伊豫又(いよまた)

伊豫又魚屋から始まった老舗のお寿司屋さん。京都で好まれて食べられる鯖寿司は遠方からも買いに来られます。対面販売なので店員さんが親切に対応してくれるのがうれしいです。車いす用トイレはありませんが、店内はテーブル席なので車いすのまま食事もできます。

野村佃煮(のむらつくだに)

野村佃煮中央市場から錦へ里帰りした佃煮屋さん。佃煮からちりめん山椒まで、広い店内と低いショーケースにいろんな佃煮がぎっしり。車いすにちょうどいい高さに試食台があります。

のとよ

のとよ錦市場の歴史は川魚に始まります。車いすの高さからでもウナギを炭火で焼いているところが見え、ドジョウやスッポン、ナマズが足元で泳いでいます。秘伝のたれで焼かれたウナギの芳ばしい香りが通りに漂います。

有次(ありつぐ)

有次料理屋さんが食材を仕入れに来る錦市場では、調理器具も発達しました。車いすでも店内に入れ、ずらっと並んだ包丁や金物が低い位置でも見えます。注文すると、目の前で名前を彫ってくれます。職人の技が光ります。

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら