バリアフリー情報

【施設】相国寺(しょうこくじ)

【時間】寺務所は10:00~17:00
 ※寺務所は土曜午後・日・祝、8/4~20、12/22~1/10休み
 ※春と秋の特別拝観あり(有料)

  • 多目的(車いす対応)トイレ

花の御所(はなのごしょ)と呼ばれた室町幕府3代将軍足利義満(あしかがよしみつ)の邸宅の東に造営されました。高さが109メートルもあった七重の塔は落雷で焼失、建物も応仁の乱で焼けてしまいます。のちに豊臣秀頼や徳川家康らの寄進で再建されました。法堂(はっとう)の天井に描かれた狩野光信(かのうみつのぶ)筆の大きな龍は、音に共鳴する「鳴き龍」として有名です。伊藤若冲(じゃくちゅう)や長谷川等伯(とうはく)などの絵画を展示している境内の承天閣美術館は必見ものです。
多目的トイレがあり、どなたでもご利用いただけます。
通路、入り口に段差はなく、移動しやすくなっております。(調査月:2018年12月)

所在地 〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入ル相国寺門前町701
電話番号 075-231-0301
FAX 075-212-3591
ホームページ http://www.shokoku-ji.jp
アクセス 市バス「同志社前」下車徒歩5分、地下鉄今出川駅下車徒歩8分
料金 【障がい者割引】境内参拝自由、(特別拝観)本人無料、介護1名無料※障害者手帳の提示が必要
【料金】境内参拝自由、(特別拝観)一般800円、65歳以上・中高生700円、小学生400円
【団体料金】(特別拝観)一般700円※15人以上
備考
【駐車場】車10台、バス5台
【車いすマークのついた駐車場】なし
【車いす用トイレ】屋外トイレにのみ車いす対応のトイレが設置、屋内にはなし(扉は左スライド式で、扉正面に便座があります。座って左右両方に手すりがあり、右の壁面に水洗ボタンが設置されています。)
【サービス】車いす貸し出し1台/職員やボランティアによる案内や解説/多言語パンフレット(英語・中国語・韓国語)※いずれも春秋の特別拝観期間中(有料)のみ
【入り口】自動ドアなし、インターホンあり(庫裏)
【土足禁止エリア】あり(車いすでの入場不可)
【移動】通路の広さ90センチ以上。介助者同行の上、設置の車いすで方丈見学可能。法堂・方丈・開山堂・浴室のいずれも数段の階段あり。承天閣美術館は入り口10cm段差と敷居15cm、館内上り口約20cm段差あり
【手話等の対応】手話の対応不可・筆談の対応不可

↑このページの先頭へ戻る

施設に関するお問い合わせはこちら